CLS決済

外為取引に伴う決済リスクの削減のみならず、オペレーションの効率化、最高レベルのネッティングと流動性管理をご提供します。CLSの外為決済サービスは、決済メンバー以外に、サードパーティーのお客様にも間接的にご利用いただけます。

CLSの優れたpayment-versus-payment決済サービスにより、決済の効率性、正確性、費用対効果が向上します。

外為市場における最大のリスク-決済リスク-の削減

CLSの外為決済サービスは、決済メンバー以外にサードパーティーのお客様にも間接的にご利用いただけます。CLSのメンバーである60社以上の世界最大手の金融機関の他、24,000社以上のサードパーティー(銀行、ファンド、銀行以外の金融機関、多国籍企業など)がCLSのサービスを利用しています。

リスクの削減、効率性の向上、流動性の拡大

CLSはメンバーやその顧客を外為市場における最大のリスク、すなわち決済リスクから保護します。これは、CLS独自のpayment-versus-payment (PVP) システムを通じた外為取引の同時決済によって行なわれます。

また、ストレート・スルー・プロセシング(STP)によって最大限のオペレーション効率化を実現するとともに、コストを最小限に抑えます。また、マルチラテラル・ネッティングを通じて決済所用資金を96%以上も削減することが可能となり、お客様の資金流動性が拡大します。

 

 

CLS決済:

  • 世界最大の金融市場である外為市場における外為決済リスクを削減
  • 外為市場参加者は直接的または間接的に利用可能
  • 1営業日当たりの決済額は平均5兆ドル