グローバル外為行動規範の遵守意思表明

15 August 2017

CLSはグローバル外為行動規範に関する遵守意思表明に署名するとともに、決済メンバー向けの順守意思表明登録機関となる旨を発表

世界の外為市場において卓越したリスク削減およびオペレーション・サービスを提供するCLSグループ(CLS)は、グローバル外為行動規範に関する遵守意思表明に署名しました。この宣言はCLSが同規範の原則を採用し、実践することを表明するものです。

CLSの遵守意思表明

「CLS銀行(「弊社」)は、グローバル外為行動規範(「規範」)の内容を確認し、これが外為ホールセール市場(「外為市場」)における適切な慣行として認識されている一連の原則を示したものであることを認めます。弊社は、規範が定義する市場参加者であることを確認し、当社の外為市場における業務(「業務」)を規範の原則に沿ったかたちで行うことにコミットします。弊社は業務を規範の原則に沿った形で行うことができるよう、業務の規模および複雑性、ならびに外為市場との関係性に基づいて適切な措置を講じています。」

CLSはグローバル外為行動規範に関する遵守意思表明のための登録機関となりました。登録は、CLSのウェブサイト上で署名済みの遵守意思表明書を掲示します。

CLSのデイビット・プースCEOは以下のように述べています。「グローバル外為行動規範は、外為市場における適切な慣行に関する一連の原則を示したものです。外為市場における有数のリスク削減サービスのプロバイダーであり、世界の60以上の銀行ならびに23,000を超えるサードパーティーにサービスを提供しているCLSは、規範が定める原則を実践し、倫理的行動とベストプラクティスのリーダーとなることにコミットしています。」

プースCEOは、民間市場参加者グループの議長として規範策定に重要な役割を果たしました。規範の発表後、プースCEOはグローバル外為市場委員会(GFXC)の副議長に指名されました。GFXCは、健全で流動性に富み、オープンで適切な透明性のある外為市場の推進に努めています。

Media contacts

For media inquiries and interview requests, please contact:

Greentarget
+44 020 7250 7007