新しいメンバーシップモデルを導入

25 January 2017

参加の拡大をサポートするため、新たにアフィリエイト・セトルメントメンバーとノン・シェアホルダー・セトルメントメンバーの2つのメンバーシップ・カテゴリーを追加

 

世界の外為市場において、さらなるリスク削減と資金流動性の有効活用という戦略目標をサポート

世界の外為市場において、リスク削減とオペレーショナル・サービスを提供するリーダーであるCLSグループ(CLS)は、現在の株主メンバーと中央銀行メンバーに加え、新たなメンバーシップ・カテゴリーとしてアフィリエイト・セトルメントメンバーとノン・シェアホルダー・セトルメントメンバーという2つのモデルを導入しました。

アフィリエイト・セトルメントメンバーにより、一つの企業グループ内の複数の金融機関が決済メンバーになることが可能となります 。このカテゴリーは、CLS参加者としての地位とコルレス銀行との関係を独立してマネージするために、外為ビジネスを分離しようとする金融機関を対象としています。自社内決済やグループ内取引枠に依存する必要がなくなり、決済メンバーがリングフェンシングに関する規制に対応したり、再建・破綻処理計画を策定する上で有効です。

ノン・シェアホルダー・セトルメントメンバーは、CLSグループ・ホールディングスへの出資に代えて別の参加要件に合意していただきます。株式を購入する代わりに当初一定期間は月次最低手数料を、その後は持込件数・金額に従って手数料をお支払いいただきます。すべてのメンバーシップ・カテゴリーの資格要件は株主メンバーと同様であり、また、ノン・シェアホルダー・セトルメントメンバーは株主メンバーと同じ権利と責任を有します。

すべての決済メンバーはそのカテゴリーを問わず、CLSが提供するリスク削減、マルチラテラル・ネッティング、事務効率化、取引拡大の恩恵を受けることができます。

CLSのCEOであるデイビット・プース(David Puth)は以下のように述べています。「メンバーシップに新たな参加モデルを導入したことは、CLSへのアクセス拡大に向けた努力の重要なステップのひとつです。こうした拡大努力によって世界での存在感を高めることは、さらなるリスク削減、金融システム安定性の強化、世界の外為市場へのCLS独自のメリットの提供という弊社の成長戦略にとって極めて重要な部分です。この2つの参加モデルの導入により現在のメンバー増加がさらに続き、今後新たなメンバーをお迎えできることを期待しています。」

Media contacts

For media inquiries and interview requests, please contact:

Greentarget
+44 020 7250 7007