29 July 2021

CLSはグローバル外為行動規範のPayment-Versus-Paymentとネッティングに係る決済リスク原則の改訂を歓迎

世界の外為エコシステムに決済、ポストトレードプロセシング、データソリューションを提供する金融市場インフラであるCLSは、グローバル外為行動規範(以下行動規範)の改訂において、Payment-Versus-Payment (以下PvP)決済メカニズムが利用可能な場合にはその利用の重要性がより強調され、また、PvP決済を利用しない場合には決済リスクの管理についてより詳細なガイダンスが示されたことを歓迎します。

外為決済リスクの削減およびポストトレードプロセシングにおけるベストプラクティスに関連する行動規範の具体的な変更点は以下のとおりです。

原則35:決済リスクを削減するために、可能な場合にはPvP決済を利用することの重要性を強調し、それ以外の場合には自動化された決済ネッティングシステムの利用を推奨する。

原則50:PvP決済が利用できない場合には、決済リスクの計測・監視・管理に関するより詳細なガイダンスを示し、特にバイラテラルネッティングのコンファメーション・プロセスと事前に定めたカットオフタイムの取り決めを強調する。

世界最大の多通貨決済システムであるCLS決済はPvPシステムを採用しており、外為取引関連支払指図の同時決済により決済リスクを削減することで、市場参加者が改訂行動規範の原則35を遵守することをサポートします。

現在、このサービスは、世界で最も活発に取引されている18通貨の日次5.5兆米ドル以上の支払いを、70社以上の直接参加者と25,000以上の間接参加者のために決済しています。

CLSNetは、約120の通貨においてCLS決済されない外為取引を対象にした、標準化され自動化されたバイラテラルネッティングサービスで、行動規範の原則35と原則50をサポートしています。

CLSNetに送られたすべての取引は、取引当事者により事前に設定された通貨毎のカットオフタイムまでに検証され照合されます。

これにより、確認された取引のみが自動化されたネット計算の対象となり、ネット支払金額の唯一かつ共通の記録となります。

一元化されたインフラを介してネッティングプロセスを自動化することで、ユーザーは現在CLS決済において取り扱いできない通貨の業務効率を高め、より多くのリスクを削減することができます。

CLSのCEOであるMarc Bayle de Jesséは次のように述べています。

「我々は行動規範の改訂を全面的に支持します。外為市場参加者が、外為決済リスク管理とネッティングにベストプラクティスのアプローチを採用することで、リスクをさらに削減し、オペレーションコストを低減する方法を模索することを促すものであるからです。」

「この行動規範の改訂を支持し、PvP決済メカニズムをより広く利用できるようにするため、当社は市場と協力して、現在CLS決済対象外である通貨に対するPvPソリューションを検討しています。2020年後半に、当社は 業界のワーキンググループを立ち上げ、決済リスクをさらに削減し流動性を開放するための可能性を積極的に模索しています。」

「また、新しいソリューションの設計に役立て、市場参加者の決済実務に対する業界の理解を深めるために、決済メンバーの取引データを分析しています。これらの取り組みについては、いずれグローバル外為市場委員会およびそのメンバーに報告したいと考えています。」

Media contacts

For media inquiries and interview requests, please contact:

Greentarget
+44 020 7250 7007