CLSネット

28 November 2018

  • CLSネットは120以上の通貨に対するバイラテラル・ペイメント・ネッティングサービスで、日中流動性の最適化、業務効率化、リスクの削減を実現します。
  • CLSネットは、IBM社と共同で開発した、世界で初めてブロック・チェーンで処理されるグローバルな外為市場用企業向けアプリケーションです。

本日CLSは、分散型台帳技術(DLT)を基盤とし、120以上の通貨を対象に、標準化かつ自動化されたバイラテラル・ペイメント・ネッティング・サービスであるCLSネットを、Goldman Sachs と Morgan Stanleyとの間で開始したことを発表しました。 当該2社に続き、既に参加をコミットしている北米、ヨーロッパおよびアジアの6社(中国銀行(香港)有限公司を含む)に加え、向こう数か月以内にさらに数社が利用開始する予定です。 

CLSネットは、バイサイド、セルサイドいずれからもご利用いただけるよう開発されており、 また、外為市場におけるCLS決済対象外取引のペイメント・ネッティングを増やし、かつその標準化を可能にするよう設計されています。 ペイメント・ネッティング計算の標準化と自動化を進めることにより、CLSネットは市場参加者に、コスト削減や外為市場での流動性の拡大をもたらします。 またCLSネットは、グローバル外為行動規範のいくつかの原則に準拠できるようサポートします。

CLSネットのサービス開始に際して、弊社のチーフ・ストラテジー&ディベロップメントオフィサーのアラン・マーカードは次のようにコメントしています。 「DLTプラットフォームを用いる初のサービス提供開始にわくわくしています。 また、CLSネットの開始は、業界のさまざまな課題を解決するために、CLSがいかに外為市場の中心に位置し、ユニークで信頼された地位にあるのかを示しております。 標準化され自動化されたペイメント・ネッティングは、日中流動性の改善、コスト削減、そして業務効率の改善を可能にし、さらにはビジネスの拡大をサポートします。」

現在、標準化や自動化の遅れにより、外為市場参加者は様々なリスクや業務非効率に晒されています。 多くの市場参加者が日常的に相対でネッッティングを行っていますが、そのプロセスにはしばしば手作業が残り、標準化や大規模処理の妨げになっています。 外為市場における新興国通貨の重要性が増す中、限られた形でのペイメント・ネッティングでは、それら通貨の高い決済コストがますます深刻な問題となるのです。 

多くの市場参加者は、外為取引にペイメント・ネッティングを取り入れておらず、グロス・ペイメントを行っています。 グロス・ペイメントでは全面的に決済リスクに晒され、日中流動性所要額は増え、より多くの資本を必要とするのです。

CLSネットはIBM社と共同で開発され、Linuxのハイパー・レッジャー・ファブリック・ ブロックチェーン上で処理されます。 CLSとIBMの協働により、DLTがポスト・トレード・プロセスにメリットをもたらすという見解に達しました。 CLSは、DLT 技術を基盤として構築した本サービスから、お客様に効率性とコスト低減をもたらせるという知識や経験を得たことから、今後もこれを活用してまいります。

モルガン・スタンレーの債券部門マネージング・ディレクターのアダム・ジョゼファート氏は、「CLSネットは、CLS 決済対象外取引に必要な標準化と自動化をもたらします。 モルガン・スタンレー がそのようなサービスにいち早く参加できたことを喜ばしく思っています。」とコメントしています。

中国銀行(香港)有限公司の全行オペレーション部門ジェネラルマネジャーのバリー・ロー氏  は、「CNHのようなCLS 決済対象外通貨の、トレード・マッチングやペイメント・ネッティングにおける業務効率化、リスク管理強化に資するCLSネットを利用できることに、とても喜びを感じています。 CLSネットの利用は、われわれがフィンテック・イノベーションを推進することに強くコミットし、ビジネスに新たなテクノロジーを導入する大きな一歩を刻むことを示しています。」とコメントしています。 

IBMブロックチェーン部門ジェネラルマネジャーであるマリー・ワイエック氏 は、「IBMが外為市場でのブロック・チェーン技術の利用の先駆者となって約3年がたちます。 この間、ブロック・チェーン技術を利用した、グローバルな市場インフラによる、ポスト・トレードでの初のサービスとして、IBMはCLSと共にCLSネットの開発と展開に注力してきました。 CLSネットは、世界最大手行である2行に主要な市場機能のひとつとして既に利用されており、これはブロック・チェーン技術の成熟や実用において、価値が提供できることを証明していると言えます。」とコメントしています。

Media contacts

For media inquiries and interview requests, please contact:

Greentarget
+44 020 7250 7007